のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

一日葬が増えています


おはようございます!

 

本日のブログは「一日葬」について書かせていただきます。

 

 

通常のお葬式はお通夜と葬儀・告別式を計二日間かけて行いますが、一日葬はお通夜を省略して葬儀・告別式だけを行う一日だけのお葬式です。

 

一日葬では一日で葬儀・告別式と火葬、そして精進落とし(食事)までを行います。

 

一日葬は通常のお葬式と違ってお通夜が無い分、ご遺族や参列者の心身の負担が比較的少ないことから、近年東京ではその数を増やしており、最近では特にそれが顕著になってきているように思います。

 

なお、一日葬を行う際の注意点として、もしも檀家になっているお寺があって、最終的にそのお寺に納骨をする予定の方は、そのお寺の住職に一日葬でお葬式をやれるかどうかを相談してから行う必要があります。

 

お葬式の際、お寺にはお通夜に行うべき儀式と、翌日の葬儀・告別式に行うべき儀式がきちんと定められております。

 

お寺は基本的にそれらの儀式を二日間かけてきちんと行ってこそ、故人様をあちらの世界に送り出して成仏させることができると考えています。

 

よってお通夜の儀式を省いてお葬式を行うこと自体に反対する菩提寺(檀家になっているお寺)も少なくないので注意が必要です。

 

一方、もしも檀家になっているお寺がなく、僧侶を葬儀社に紹介してもらってお葬式を行う場合や、無宗教の形式でお葬式を行う場合は特に制約がなく、どなたでも一日葬を行うことが可能です 😉

 

 

実は最近、当社でも一日葬がかなり増えてきております。

 

ご遺族や参列者の心身の負担の少なさを考えると、良い意味でこれも時代の流れなのかもしれません。

 

なお、もしも一日葬を希望する方はお気軽に当社のもと祭典にご相談くださいませ。

 

本日も当ブログをお読みいただきましてありがとうございます!


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree