のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

音楽葬とは?

2019年8月17日 土曜日

こんにちは!

 

本日は「音楽葬」について書かせていただきます 🙂 

 

 

音楽葬とは無宗教形式のお葬式の一つで、音楽を中心に進行するお葬式のことを言います。

 

具体的にはシンセサイザーやバイオリン、フルートなどのプロ演奏者が故人様が生前好きだった曲やご遺族と故人様との思い出の曲を葬儀場で演奏し、故人様との最期の時間を過ごします(※生演奏ではなく、CDの音楽を使用して行う場合もあります)。

 

音楽葬は生前に音楽が特に好きだった方のお葬式で行われる場合が多いのですが、当社でお手伝いをさせていただく音楽葬ではご遺族や参列者の方々からの評判がすこぶる上々です 😀 

 

ちなみに音楽葬で演奏される人気の曲には次のようなものがございます。

 

・川の流れのように(美空ひばり)

・上を向いて歩こう(坂本九)

・夜霧よ今夜もありがとう(石原裕次郎)

・見上げてごらん夜の星を(坂本九)

・有楽町で逢いましょう(フランク永井)

・時の流れに身をまかせ(テレサテン)

・涙そうそう(夏川りみ)

・千の風になって(秋川雅史)

・別れの曲(ショパン)

・アヴェマリア(シューベルト)

・アメージンググレース(ジョンニュートン)

・イエスタデイ(ビートルズ)

など

 

なお、音楽葬で演奏できる曲はこの他にも100曲以上ありまして、楽曲リストの中からお好みの曲を何曲かご遺族に選んでいただくことが可能です。

 

ただし、音楽葬は楽器の生演奏による音量の関係で、行える葬儀場と行えない葬儀場がございます。

 

よって音楽葬を希望する場合は、できれば事前に葬儀社に相談することをおすすめいたします。

 

なお、当社でも音楽葬のご相談は受付しておりますので、まずはお気軽にお電話にてご連絡をいただければ幸いです。

 

 

本日は「音楽葬」について書かせていただきました。

 

音楽葬も当社のもと祭典におまかせくださいませ 😀

直葬にかかる費用の相場

2019年8月16日 金曜日

おはようございます!

 

本日は「直葬にかかる費用の相場」と題して、直葬というご火葬のみの最もシンプルなお葬式を行う際にかかる費用について書かせていただきます 😮 

 

 

最近では東京のお葬式の約3割程度が直葬というご火葬のみのお葬式で行われていると言われております。

 

直葬は以前であれば生活保護を受給されている方を中心に行われている「福祉によるお葬式」の場合が多かったのですが、現在では生活保護を受給していない一般の方にも少しずつ広まって来ているようです 😯 

 

そこで本日は、東京で直葬というご火葬のみのお葬式をする際にはどれくらいの費用がかかるのか、その相場についてご説明をさせていただきたいと思います。

 

まず、東京には民営の火葬場と公営の火葬場がございまして、どちらの火葬場を使用するかでかかる費用が変わってきます。

 

例えば都心部(23区、三鷹市、武蔵野市、調布市など)には民営の火葬場が多く、公営の火葬場は少ないので必然的に多くの方が民営の火葬場を使用します。

 

なお、民営の火葬場は火葬料金として最低でも59,000円がかかりますし、火葬中の休憩室も別途有料で借りる必要があります。

 

一方、多摩地区には民営の火葬場はほとんどなく、公営の火葬場がほとんどなので多くの方が公営の火葬場を使用します。

 

ちなみに公営の火葬場は火葬料金や火葬中の休憩室料金が無料である場合が多く、民営よりも割安の費用でご火葬を行うことが可能です。

 

これらの要素を踏まえつつ、「棺代」や「ドライアイス代」、病院から火葬場への「寝台車料金」、死亡日からご火葬の当日までの霊安室での「安置料金」、葬儀社のスタッフの「人件費」などの諸費用を加えて計算すると、民営の火葬場を使用して直葬をする際には総額で25万円~30万円程度、公営の火葬場を使用して直葬をする際には総額で20万円~25万円程度の費用が相場になると思います。

 

東京で直葬というご火葬のみの最もシンプルな行う際にもこれくらいの費用が必要になりますので、ぜひともご参考にしていただければ幸いです 😉 

 

 

本日は「直葬にかかる費用の相場」について書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます!

東京のお盆と全国のお盆

2019年8月15日 木曜日

こんばんは!

 

本日のブログは「東京のお盆と全国のお盆」と題して書かせていただきます 😀 

 

 

お盆は正式には「盂蘭盆(うらぼん)」と申します。

 

お盆にはご先祖様がこの世に帰って来ると言われており、自宅でお盆の飾り付けをしたり、お墓参りに行ったりして先祖供養をします。

 

なお、お盆の時期は実は2通りございまして、1つ目は7月13日~16日のお盆で、東京ではこの7月のお盆が主流です。

 

一方、2つ目のお盆は8月13日~16日のお盆で、全国的にはこの8月のお盆が主流となっています。

 

このように東京と全国のお盆の時期に違いがあるのはなぜかと言うと、明治時代に暦を旧暦(太陰暦)から新暦(太陽暦)に直した際の名残が関係しているようです。

 

明治時代以前の旧暦の時代にはお盆は全国的に7月に行われていました。

 

しかし、旧暦を新暦に直す際に暦がひと月後ろにずれてお盆は7月から8月になり、全国的にはそれが一般的になりました。

 

ただし、東京では8月に農作物の収穫などがあって忙しくお盆を行うのが難しかったことや、地方出身者が多い東京では8月にお盆をやると田舎のお盆(8月)に参加できなくなること等の理由から、ひと月前の7月のままでお盆を行うようになったと言われております 😯

 

こうしてお盆の時期が東京と全国とで2つに分かれてしまったようです。

 

本日は8月のお盆の真っ只中ということで、都会から田舎に帰省をしている方も多いと思いますし、お墓参りに行かれる方も多いと思います。

 

ぜひともお車の運転などには気を付けて、良いお盆の時期をお過ごしいただければ幸いです 😉 

 

 

本日は「東京のお盆と全国のお盆」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきましてありがとうございます!

家族葬のメリットとは?

2019年8月6日 火曜日

おはようございます!

 

本日は「家族葬のメリットとは?」と題して書かせていただきます。

 

 

まず初めに「家族葬」とは家族・親族だけで行う小規模なお葬式のことを言います。

 

そして現在の東京では葬儀の小規模化が加速しており、約7割の方がお葬式を近親者だけで「家族葬」という形で行っていると言われております。

 

つまり、東京では「お葬式は家族・親族だけで行うもの」という意識や価値観がかなり広まってきていると言えます。

 

ちなみに家族葬が広まってきた理由は諸説ございます。

 

例えば、バブル期に頻繁に行われていた大規模な葬儀への反発や反動、長期に渡る日本経済の不況、高齢になるにしたがって親族以外の人との付き合いが自然と少なくなること、介護や医療が長引くことによる経済的な圧迫、都会ではそもそも近所付き合いが少ないことなどが挙げられます。

 

そこで本日は、このように現在の東京のお葬式の主流になっていると言える「家族葬」にはどのようなメリットやデメリットがあるのかを改めてご紹介させていただきたいと思います。

 

 

◆家族葬のメリット

・小人数でゆっくりと心を込めてお葬式ができること

・費用をある程度は軽減してお葬式ができること

 

◆家族葬のデメリット

・親族以外の方に最期のお別れをしてもらえないこと

・交友関係が広い方のお葬式を家族葬で行うと、お葬式を終えた後に親族以外の方が自宅に弔問に来る場合があり、遺族がその対応に追われる可能性があること

 

 

実は家族葬にはこのようなメリットやデメリットがあるのです。

 

皆様にはこれらのメリットとデメリットを参考にした上で、ご自分やご家族に合った最善の葬儀の方法を選んでいただきたいと思います。

 

その上で、もしも家族葬を希望する場合は家族葬の専門葬儀社である当社のもと祭典におまかせくださいませ 😉

 

 

本日は「家族葬のメリットとは?」と題して書かせていただきました。

 

お葬式のことなら何でもお気軽にご相談ください!

 

お電話でのご相談は24時間365日受付しております 😀 

葬儀費用の仕組みと平均額

2019年7月27日 土曜日

こんにちは!

 

本日のブログは「葬儀費用の仕組みと平均額」と題して書かせていただきます 🙂 

 

なお、以前にも何度か当ブログに葬儀費用について書かせていただいたことがあるのですが、費用については皆様が葬儀について最も知りたいことの一つだと思います。

 

よって改めてご説明をさせていただきたいと思います。

 

 

まず、一般的な葬儀にかかる費用の仕組みからご説明をさせていただきます。

 

一般的な葬儀にかかる費用とは、葬儀社が提示している「葬儀プラン(祭壇、棺、遺影写真、骨壺など葬儀に必要な道具一式と人件費)」の費用の他に「式場料」、「火葬料」、「飲食代」、「返礼品代」、「お布施」などの諸費用を合算した総費用のことを言います。

 

なお、その総費用の全国平均額は、日本消費者協会が2014年~2016年に調査したところ約196万円という結果でした。

 

ただし、実際の葬儀には色々な形式や方法があり、どのような葬儀を行うかはあくまでも十人十色です。

 

よって当社のもと祭典では直葬で20万円~30万円程度、家族葬や一日葬で50万円~130万円程度の総費用で葬儀を行う方も多くいらっしゃるのが実際のところです。

 

このように葬儀はそのやり方次第で、かかる費用が100人100通りでかなり変わってくるのです。

 

皆様にはぜひとも事前にどのような葬儀を行いたいかをご家族でお考えいただくと同時に、事前に葬儀社に相談をし、その費用や内容について確認しておくことをおすすめします。

 

全国の葬儀で最も多いトラブルは、やはり費用に関することだと思います。

 

トラブルのない良い葬儀をするためには事前の準備が何よりも大切なのです。

 

ぜひとも葬儀社に事前に会って相談をしてみましょう 😉

 

なお、当社のもと祭典では無料にて出張相談もしておりますし、各地で無料の終活講座も開催しております。

 

葬儀についてご心配な方はお気軽にご相談いただければ幸いです 🙂 

 

 

本日は「葬儀費用の仕組みと平均額」について書かせていただきました。

 

良いお葬式をするためのご参考にしていただければ幸いです。

一日葬のメリットとは?

2019年7月22日 月曜日

おはようございます!

 

本日のブログは「一日葬のメリットとは?」と題して書かせていただきます。

 

 

一般的なお葬式はお通夜と葬儀・告別式を計二日間かけて行います。

 

しかし最近、東京では「一日葬」というお通夜をせずに葬儀・告別式のみを行う一日だけのお葬式が増えてきています。

 

ちなみに当社では約35%のお客様が『一日葬プラン』のお葬式をお選びになられております 😮 

 

そこで今回はこの一日葬というお葬式の長所や短所をあらためて皆様にご紹介させていただきたいと思います。

 

 

◆一日葬の長所

・お通夜を行わないため、遺族や参列者の心身の負担が少ないこと。

・遠方から東京のお葬式に参列する方は宿泊をせずに日帰りで参列できること。

・費用(飲食代、御布施、式場料金など)を多少は節約してお葬式ができること。

 

◆一日葬の短所

・お通夜を行わないため、故人様を偲ぶ時間が少なくなること。

・(良くも悪くも)お葬式があっという間に終わってしまう感覚があること。

 

 

以上が一日葬の長所や短所です。

 

これからお葬式を行う可能性がある方はご参考にしていただければ幸いです 😉 

 

なお、今までに一日葬を経験された方でこの他にも思い当たる長所や短所がありましたら、ぜひともご教授くださいませ。

 

今後の参考にさせていただきますので 😀 

 

 

本日は「一日葬のメリットとは?」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます!

浄土真宗とは?

2019年7月12日 金曜日

おはようございます!

 

本日のブログは「浄土真宗」について書かせていただきます。

 

 

「浄土真宗」とは仏教の宗派の一つで、鎌倉時代に親鸞が開いた宗派です。

 

なお、現在では浄土真宗は10の宗派に分派しており、その中でも本願寺派(お西)と大谷派(お東)の二つの宗派が代表的です。

 

浄土真宗には他の宗派には無い様々な特徴がありますが、最大の特徴は阿弥陀如来の存在を信じるだけで誰でも死後すぐに極楽浄土に行けることだと思います。

 

これを「他力本願」や「臨終即往生」と言います。

 

また、浄土真宗では僧侶に戒律が無く肉食や妻帯が許されることや剃髪をする必要が無いこと、線香を手向ける際は立てずに寝かせて置くこと、臨終の際の旅支度は不要であること、戒名とは言わず法名と言うこと、葬儀の際に清め塩は使用しないこと、位牌は基本的に作らないこと、お盆の際の迎え火・送り火や精霊棚(なすの牛やキュウリの馬)の用意はしないことなどがございます。

 

浄土真宗は現在では日本で最も信者が多い宗派と言われており、当ブログをお読みの方もご実家が浄土真宗のお寺に属されている方も少なくないと思います。

 

これからお盆の季節(東京は7/13~16、全国的には8/13~16)を迎えますが、浄土真宗のお寺に属されている方は今一度「浄土真宗」という宗派について学びつつ、ご先祖様の供養をするのも良いかもしれません 😀 

 

きっと他の宗派には無い様々な特徴が浄土真宗には見受けられると思います 🙂 

 

 

本日は「浄土真宗」について書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきましてありがとうございます!

事前準備のメリットとは?

2019年7月6日 土曜日

おはようございます!

 

本日のブログは「事前準備のメリットとは?」と題しまして、お葬式の準備を生前に行うことで得られる主なメリットについて書かせていただきます 🙂 

 

 

最近は「終活」が流行していることもあり、葬儀社にご自分やご家族のお葬式について生前に相談し、ある程度の準備をしている方も少しずつ増えています。

 

しかし、お葬式の事前準備をせずに突然の葬儀を迎えた方からお聞きする「お葬式への不満」や「葬儀社への不満」なども決して少なくないのが葬儀業界の実情だと思います。

 

そこで本日は葬儀社に事前相談をすることで得られる主なメリット、すなわちお葬式の事前準備をすることで得られる主なメリットを挙げてみたいと思います。

 

 

【お葬式の事前準備をすることで得られるメリット】

 

  • ①葬儀費用や葬儀全体の流れを前もって把握することができます。
  • ②ご本人やご家族の希望に沿った葬儀を行うことができます。
  • ③葬儀の準備をあわてずに行うことができます。
  • ④自分に合った葬儀社を選択することができます。
  •  
  •  
  • お葬式の事前準備をすることで得られる主なメリットには以上のようなものがございます 😉 
  •  
  • 一方でお葬式の事前準備が無く、突然の葬儀を迎えた方からお聞きするお葬式への不満も挙げてみたいと思います。
  •  
  •  
  • 【事前の準備が何も無く、突然のお葬式を迎えた方からお聞きすること】

  •  

    • ①病院に紹介された葬儀社に葬儀を依頼した結果、予想以上に高額な費用がかかってしまった
    ②悲しみで葬儀の打ち合わせの内容が頭に入らなかった
    • ③思い通りの葬儀ができなかった
    • ④故人の希望を聞いておけば良かったと悔やんだ
    •  
    •  
    • やはり何事も「備えあれば憂いなし」で、これはお葬式についても全く同じだと思います。
    •  
    • 後悔の無い良いお葬式をするためには生前からの良い準備が必要なのです。
    •  
    • 皆様にはもしもの時に備えて事前に葬儀社に相談をすることで、少しでも安心してお葬式を迎えられるようにしていただければ幸いです。
    •  
    • なお、当社のもと祭典では無料での事前相談を年中無休で受付しております。
    •  
    • まずはお気軽にお電話にてご連絡をいただければ幸いです 😀 
    •  
    •  
    • 本日は「事前準備のメリット」について書かせていただきました。
    •  
    • いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます!

キリスト教のお葬式

2019年7月4日 木曜日

おはようございます!

 

本日のブログは「キリスト教のお葬式」について書かせていただきます。

 

なお、キリスト教は大きく分けるとカトリック、プロテスタント、東方正教会の三つの教派がございますが、本日はカトリックとプロテスタントのお葬式についての解説となります。

 

 

まず、カトリックのお葬式の主旨は「神様(キリスト)の再臨と、故人の復活を待ち望んで祈ること」にあります。

 

そしてカトリックでは神父様が司式者としてお葬式を執り行いますが、基本的には教会の中で行われます。

 

なお、カトリックのお通夜は「通夜の祈り」、葬儀は「葬儀ミサ」と言い、神父様には聖書の朗読や説教を、参列者には献花や焼香をしていただきます。

 

 

次にプロテスタントのお葬式です。

 

実はプロテスタントには多くの教派があります(ルター派、聖公会、パブテスト、メソジストなどなど)。

 

そしてプロテスタントにはカトリックの「ローマ・カトリック教会」のような中心となる大きな教会がないため、各教派によって考え方が異なるのですが、お葬式の基本的な主旨は「神様(キリスト)への礼拝」となります。

 

よってプロテスタントのお葬式ではご遺体との告別が中心ではなく、あくまでも神様への祈りが中心となります。

 

ですのでプロテスタントの葬儀の場は、故人の冥福を祈る場でも供養をする場でもないとされ、全てを神様に委ね、神様に祈りをささげる場となります。

 

そしてプロテスタントでは牧師様が司式者としてお葬式を執り行いますが、教会やセレモニーホール、自宅などで行われます。

 

また、プロテスタントのお通夜は「前夜式」、葬儀は「葬儀式」と言い、牧師様には聖書の朗読や説教をしていただく同時に参列者とともに賛美歌を歌います。

 

なお、参列者には白いカーネーションで献花をしていただきます。

 

 

ごくごく簡単ではございますが、キリスト教のお葬式にはこのような特徴がございます。

 

ちなみに参列者としてキリスト教のお葬式に参列する際にお香典を持参する場合には、香典袋の表書きとしては「お花料」と書くのが望ましいとされています。

 

ご参考にしていただければ幸いです 😀 

 

 

本日は「キリスト教のお葬式」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます!

湯灌(ゆかん)とは?

2019年6月26日 水曜日

こんにちは!

 

本日は「湯灌(ゆかん)」について書かせていただきます。

 

 

湯灌とは一言で申し上げますと、「故人様をお風呂に入れてあげること」を言います 😉 

 

湯灌を希望する場合は、葬儀を依頼する葬儀社に湯灌の希望を伝えると、葬儀の前日までに湯灌の専門業者を手配してくれます。

 

湯灌業者による湯灌のサービスはもともとは自宅巡回の老人入浴サービスから転じたものです。

 

湯灌業者は車に専用の浴槽を積み込み、基本的にはスタッフ二名で自宅まで来てくれて湯灌を行ってくれます。

 

なお、東京の都心部では住宅が手狭であるという理由もあり、湯灌が行われることはそれほど多くはないのですが、郊外に行くと比較的その数は増えます。

 

ちなみに気になる料金は、湯灌業者を手配する各葬儀社によって異なるのですが、おおよそ8万円程度が相場になると思います。

 

湯灌業者の手配は当社でも承っておりますので、もしも湯灌を希望する場合はお気軽にお申し付けくださいませ 😀 

 

 

本日は「湯灌」について書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきましてありがとうございます!