のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

葬儀費用の仕組みと平均額


こんにちは!

 

本日のブログは「葬儀費用の仕組みと平均額」と題して書かせていただきます 🙂 

 

なお、以前にも何度か当ブログに葬儀費用について書かせていただいたことがあるのですが、費用については皆様が葬儀について最も知りたいことの一つだと思います。

 

よって改めてご説明をさせていただきたいと思います。

 

 

まず、一般的な葬儀にかかる費用の仕組みからご説明をさせていただきます。

 

一般的な葬儀にかかる費用とは、葬儀社が提示している「葬儀プラン(祭壇、棺、遺影写真、骨壺など葬儀に必要な道具一式と人件費)」の費用の他に「式場料」、「火葬料」、「飲食代」、「返礼品代」、「お布施」などの諸費用を合算した総費用のことを言います。

 

なお、その総費用の全国平均額は、日本消費者協会が2014年~2016年に調査したところ約196万円という結果でした。

 

ただし、実際の葬儀には色々な形式や方法があり、どのような葬儀を行うかはあくまでも十人十色です。

 

よって当社のもと祭典では直葬で20万円~30万円程度、家族葬や一日葬で50万円~130万円程度の総費用で葬儀を行う方も多くいらっしゃるのが実際のところです。

 

このように葬儀はそのやり方次第で、かかる費用が100人100通りでかなり変わってくるのです。

 

皆様にはぜひとも事前にどのような葬儀を行いたいかをご家族でお考えいただくと同時に、事前に葬儀社に相談をし、その費用や内容について確認しておくことをおすすめします。

 

全国の葬儀で最も多いトラブルは、やはり費用に関することだと思います。

 

トラブルのない良い葬儀をするためには事前の準備が何よりも大切なのです。

 

ぜひとも葬儀社に事前に会って相談をしてみましょう 😉

 

なお、当社のもと祭典では無料にて出張相談もしておりますし、各地で無料の終活講座も開催しております。

 

葬儀についてご心配な方はお気軽にご相談いただければ幸いです 🙂 

 

 

本日は「葬儀費用の仕組みと平均額」について書かせていただきました。

 

良いお葬式をするためのご参考にしていただければ幸いです。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree