のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

遺言書とは?


おはようございます!

 

今日は「遺言書」について書かせていただきます。

 

 

遺言とは法律に則った形式で作り、財産や資産について書き記しておくものです。

 

遺言は自分が死んだ後に、遺された家族が遺産でトラブルにならないように将来のことを考えて生前に作成し、残しておきます。

 

また、遺言には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三種類があります。

 

公正証書遺言は公証人が作成し公証役場に原本が残りますが、自筆証書遺言と秘密証書遺言は保管をしておき、また家庭裁判所で検認の手続きをしなければ遺言として認められません。

 

 

今日は「遺言書」について書かせていただきました。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree