のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

菩提寺へのお布施


おはようございます!

 

本日は「菩提寺へのお布施」について書かせていただきます。

 

まず、菩提寺とは檀家になっているお寺のことを言います。

 

つまり、お寺の境内にご先祖様のお墓があって供養をしていただいている寺院のことです。

 

なお、菩提寺がある方は葬儀の際には菩提寺の僧侶に戒名(または法名)を授けていただき、読経をしてもらいます。

 

ではその際に僧侶への謝礼金であるお布施はいくらくらいお渡しすれば良いのでしょうか?

 

今日はそんなお話です。

 

結論から申し上げると、菩提寺へのお布施の金額はお寺によって異なりますので一概に言うことはできません。

 

お布施が高いお寺も安いお寺もありますし、また戒名の位にもよります。

 

ただし、葬儀社としての私の経験からある程度の相場のような金額は申し上げることはできます。

 

それは東京の場合ですと、安くて30万円程度から高くて100万円程度、平均すると50万円程度という金額が一応の目安になるのかなという感じです。

 

ちなみにこの金額は戒名料と読経料を含んだ金額です。

 

葬儀の際には喪主様から事前に菩提寺に連絡をしていただき、お布施の金額を直接聞いてもらうことになるのですが、その際にはおおよそ上記の金額を菩提寺から伝えられるケースが多いのではないでしょうか。

 

お布施の金額も決して安い金額ではないと思いますので、ぜひとも生前からご参考にしておいていただければ幸いです。

 

なお、葬儀の他に四十九日の法要や一周忌法要、三回忌法要などを依頼する場合のお布施は5万円から10万円程度が相場かなと思います。

 

本日は「菩提寺へのお布施」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただき誠にありがとうございます 😉 

 

———————————————————————
少人数での温かい家族葬はお任せください☆

 

お花で彩る家族葬専門葬儀社のもと祭典

〒181-0013東京都三鷹市下連雀7-6-29-103
TEL 0422-57-7876(24時間365日受付)
———————————————————————


コメントをどうぞ

CAPTCHA