のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

相続の専門家


おはようございます。

 

今日は「相続の専門家」と題して書きたいと思います。

 

お葬式を終えた後にしなければいけないことの一つに「遺産の処理」や「相続」があります。

 

遺産の相続や、遺言の実行、それに関わる税金の支払い、名義変更などは法的な手続きが必要になります。

 

ですので、自分だけの判断で不適切な処理をしてしまうと大変なことになる可能性があります。

 

そんなときに力を貸してくれるのが各分野の専門家です。

 

今日はそんな遺産処理や相続に関わる専門家とその役割についてご紹介させていただきます。

 

①弁護士

遺言や遺産相続に関するあらゆる相談や法的なトラブルの相談にのってくれます。

日本弁護士連合会HP http://www.nichibenren.or.jp/

 

②税理士

相続税に関する書類作成や申告などの相談にのってくれます。

日本税理士会連合会HP http://www.nichizeiren.or.jp/

 

③司法書士

相続完了後の相続財産の登記、不動産の名義変更などの相談にのってくれます。

日本司法書士会連合会HP http://www.shiho-shoshi.or.jp/

 

身近にこれらの専門家がいない場合は、お知り合いの方などに適任者を紹介してもらうと良いと思います。

 

また、上記の各専門家の連合会からも紹介してもらえます

 

そして、これらの専門家には正式に依頼する前にとりあえず相談に乗ってもらうのが得策だと思います。

 

そこでその専門家と相性や金額面での条件が合えば依頼しましょう。

 

 

今日は「相続の専門家」について少しだけですが、ご説明させていただきました。

 

皆様にはぜひともこれらの専門家に適切に相談することにより、葬儀後の思わぬ不利益やトラブルを回避し、相続手続きを満足できるものにしていただければ幸いです。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree