のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

樹木葬


皆さんこんにちは。

 

今日は「樹木葬」と題して書かせていただきます。

 

樹木葬は海洋散骨と同じく「自然葬」と言われる埋葬方法の一つで、日本では1999年に岩手県の一関市で行われた樹木葬が最初とされています。

 

その具体的な方法としましては、樹木葬が可能な墓地霊園で、深さ50センチほどの穴を掘り、その中へ骨壷から取り出したお骨のみを埋葬し、一定の深さまで土をかぶせ、その上に花木を植えます。

 

樹木葬は従来のお墓とは異なり、お骨を土の中に直接埋葬しますので、お骨が自然と土に還ることができ、ご遺族の方は樹木の成長とともに故人様を偲ぶことができます。

 

また、ご夫婦で同じ場所に眠ることもできますし、可愛がっていたペットと共に眠ることができる樹木葬墓地もありますので、近年人気のある埋葬方法として注目を集めています。

 

そこで気になるそのお値段としましては、関東圏の民営の樹木葬墓地霊園では一霊55万円前後、ご夫婦で埋葬される場合は80万円前後が平均的な費用となっているようです。

 

「人生の最期は自然に還りたい」という方や、「大好きな木の下で眠りたい」、「ペットと共に眠りたい」という方は樹木葬という埋葬方法も終活の一つとしてご検討されてみるのも良いかもしれません。

 

今日は「樹木葬」について書かせていただきました。

 

いつも最後までお読みいただきましてありがとうございます!


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree