のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

お布施


こんにちは。

 

今日は「お布施」について書いてみます。

 

お布施とは、お葬式に来ていただいたお寺様にお渡しするお礼金のことを言います。

 

では、そのお寺様にお渡しするお布施とは一体どのくらいお包みすれば良いのでしょうか?

 

お布施の金額に相場というものはあるのでしょうか?

 

このお布施の金額については気になる方がとても多いと思うので、順にご説明させていただきます。

 

まずお葬式の場合のお布施とは「戒名(宗派によって法名や法号とも言います)の金額」と「読経の金額」の二つを合算したお礼金ということになります。

 

ここで注意する点は「戒名」です。

 

戒名とは仏様のお弟子となった証としてお寺様からいただくもので、これには数種類の位(ランク)があります。

 

その位とは①院号、②居士・大姉、③信士・信女がありますが、この位によってお布施の金額も変わってきます。

 

戒名と読経の金額を合算したお布施の相場(東京都)として①院号が80~100万円、②居士・大姉が50~80万円、③信士・信女が30~50万円、

 

あくまでも一般論ですが、東京ではこのような感じなのではないでしょうか。

 

なお、もしも戒名が不要で、お通夜と葬儀・告別式の二日間の読経のみをお寺様に依頼する場合は20~30万円が相場となっているようです。

 

もしも実際にお葬式に菩提寺様やお付き合いのあるお寺様に来ていただく場合は、おおよそですがお布施としてこれくらいのお礼金が必要になると思っていただいたほうが良いかもしれません。

 

ただし、上記のお布施の金額の相場はあくまでも一般論ですので、お葬式をお願いするお寺様に直接お聞きするのが一番良いと思います。

 

そこでもしも「お気持でけっこうです」と言われたら、上記の金額を参考にしていただけれればと思います。

 

 

今日はお布施についてご説明させていただきました。

  

本日も当ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree