のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

無宗教のお葬式


こんにちは。

 

今日は「無宗教のお葬式」について書いてみます。

 

無宗教のお葬式とは読んで字の如く、特定の宗教にとらわれずに行う自由なお葬式のことを言います。

 

別名「無宗教葬」や「自由葬」と言ったりもします。

 

日本では仏教のお葬式が多く、お通夜から葬儀・告別式と二日間に渡り、お寺様に読経をしてもらって故人様を送る形式をとることが多いのですが、無宗教のお葬式の場合はご遺族の自由な想いをもとに私たち葬儀社とお葬式の内容を作り上げていきます。

 

具体的な式の内容としては、故人様の経歴のご紹介を司会者がナレーションしたり、故人様の生前お好きだった音楽を献奏曲として流したり、故人様の生前の写真をスライド形式の映像にまとめて上映したりします。

 

あと、会葬者にはどちらかと言えばお焼香ではなく、白のカーネーションなどで献花をしてもらう場合のほうが多いですね。

 

無宗教のお葬式はこのように一般的な仏教のお葬式とは全く異なる形式で行われます。

 

ただし、ここで無宗教のお葬式を行う上で注意しなければいけない点が一つあります!

 

それは菩提寺様がいらっしゃる方、つまり特定のお寺の檀家になっていて、お墓もそのお寺にあって納骨をする予定の方は無宗教のお葬式は基本的にはできないという点です。

 

菩提寺様がいらっしゃる場合は、そのお寺様にお葬式に来てもらい、戒名を授けてもらい、通夜と葬儀の読経をしてもらう必要があります。

 

もしも菩提寺様に知らせずに無宗教のお葬式をした方が後日納骨のために菩提寺に行ってしまうとお寺とトラブルになり、納骨をさせてもらえなくなる等のトラブルになる可能性が高いのです。

 

よって無宗教のお葬式をお考えの方は、「特定の寺院の檀家になっていないこと」が絶対条件になりますのでご注意願います。

 

今日は無宗教のお葬式について少しだけご説明させていただきました。 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree