のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

秋のお彼岸


おはようございます!

 

今日から秋の大型連休、通称『シルバーウィーク』に入りました。

 

連休中の東京は天気も良く、絶好の行楽日和になりそうです。

 

お出かけになられる方はどうかくれぐれもお気を付けて、そして楽しい連休になさってくださいね!

 

ちなみに当社のもと祭典は連休中も毎日24時間体制で営業しておりますので、もしもご葬儀についてわからないことやご心配なことなどがございましたら、いつでもお電話にてご相談くださいませ。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、本日のブログですが、今日は「秋のお彼岸」と題して書かせていただきます。

 

そもそもお彼岸とは、秋は秋分の日(春は春分の日)を中日として、その前後3日間を合わせた計7日間のことを言いますね。

 

今年の秋のお彼岸なら9月23日(秋分の日)を中日とした、9月20日~26日になります。

 

つまり今年の秋のお彼岸は明日から始まります。

 

ところでお彼岸の由来や意味を皆様はご存じでしょうか?

 

私は葬儀の仕事に就かせていただくまでは全く知らなかったのですが、以前お会いした曹洞宗のお寺様にお彼岸について次のように教えていただいたことがあります。

 

まず彼岸という言葉は「あちら」、つまり川(三途の川という説もあります)の向こう岸の極楽浄土の世界を表す言葉なのだそうです。

 

その彼岸に対して、川のこちら側、つまり私たちが生活している「こちら」の世界を表す言葉が此岸(しがん)と言います。

 

その彼岸と此岸を隔てる大きな川(三途の川という説もあります)は普段は水量も多く、川幅がとてつもなく広いため、こちら側(此岸)からあちら側(彼岸)を見ることは到底できないのだそうです。

 

当然、あちら側(彼岸)からこちら側(此岸)を見ることもできません。

 

しかし、秋分の日(または春分の日)を中日とした7日間だけは、どういうわけかその川の水量が減って川幅が狭くなり、こちら側(此岸)とあちら側(彼岸)の間の距離が近くなり、双方を見ることができるようになるとのことです。

 

そこでその7日間だけはご先祖様が私たちを見渡せる彼岸の近いところまで来てくれて、私たちの幸せや健康を願ってくれるのだそうです。

 

お彼岸の由来や意味には諸説ございますが、そのお寺様は私にそう教えてくださいました。

 

日本にはお墓参りをしてご先祖様にきちんと感謝の気持ちを伝える日としてお彼岸やお盆がありますが、常日頃からご先祖様に感謝する気持ちは大事にしたいものですね。

 

 

今日は「秋のお彼岸」と題して書かせていただきました。

 

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございます!


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree