のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

万が一の場合


こんにちは!

 

毎日暑い日が続いております。

 

皆様、体調は崩されていませんか?

 

最近の私は日中は冷房の効いた室内で仕事をすることが多く、少し体調を崩しぎみです。

 

東京の夏に冷房は不可欠ですが、ほどほどに使うように心掛けないと体調を崩す可能性もあるので気を付けなければいけませんね。

 

 

さて本日のブログです。

 

今日は「万が一の場合」と題して書かせていただきます。

 

お客様とご葬儀についての事前相談をしている時に最も多くいただくご質問の一つに「家族が万が一亡くなった場合はどうしたら良いですか?」というものがあります。

 

たしかに病院などでご家族がお亡くなりになられた場合にこれからどう行動したら良いか知ってらっしゃる方って実際決して多くはないですよね。

 

その場合の答えは以下の通りです。

 

もし万が一、ご家族が病院などでお亡くなりになられた場合はその時点ですぐにご葬儀を依頼する葬儀社に電話をしてご遺体を病院まで迎えに来てもらいましょう(ほとんどの葬儀社は24時間体制で受付していますので深夜でも大丈夫です)。

 

そして葬儀社の職員に寝台車でご遺体をご自宅などに搬送してもらい、ドライアイスの処置をし、ご安置した後は今度は葬儀社の職員とご葬儀の打ち合わせをすることになります(深夜の場合は搬送後、翌朝あらためて葬儀社の職員がご自宅に伺って打ち合わせをします)。

 

万が一の場合はこのような流れになりますので、皆様ぜひ覚えておいていただけたらと思います。

 

もちろん当社のもと祭典でも24時間365日、年中無休にて受付しておりますので、もし万が一の場合はすぐに当社までお電話ください(TEL 0422-57-7876)。

 

都内の病院であれば通常1時間以内で寝台車にてお迎えにあがりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今日は「万が一の場合」と題して書かせていただきました。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます!


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree