のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

安置所とは?


おはようございます!

 

今日のブログは「安置所とは?」と題しまして、ご遺体の安置所について書かせていただきます。

 

 

もしも病院などでご家族がお亡くなりになられた際には、まず葬儀社に電話をし、寝台車で故人様を迎えに来てもらう必要があります。

 

その際にはご遺族の希望によって故人様をご自宅、または葬儀や火葬までご遺体を預けておくことができる安置所にお連れすることになります。

 

ご遺体の安置所は都内の多くの火葬場の中にありますし、葬儀場や葬儀社、または霊柩車の会社の中にある場合もございます。

 

なお、安置所の保冷庫は温度が通常4℃程度に保たれており、ご遺体をなるべく綺麗な状態で葬儀や火葬まで保全する能力に長けています。

 

ちなみに料金は1日(24時間)で8,000円~10,000円程度の場合が多く、安置する日数によって合計金額が変わります。

 

最近はマンションなど集合住宅にお住いの方だけでなく、一軒家にお住いの方からもご自宅ではなく、安置所へご遺体の搬送を希望する方が増えております。

 

もしもご家族がお亡くなりになられた際に住宅事情などにより故人様をご自宅に連れて帰れないという方も、どうか遠慮なく葬儀社に相談していただければと思います。

 

近隣の安置所を探してご安置させていただきますので。

 

 

本日は「安置所」について書かせていただきました。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree