のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

樹木葬とは?


こんにちは!

 

今日は「樹木葬」について書かせていただきます。

 

 

樹木葬とは墓石の代わりに樹木を植えて、その下に遺骨を埋葬するお墓のことを言います。

 

日本では1999年に岩手県の一関市で行われたものが最初の樹木葬のようです。

 

樹木葬は遺骨を特製の布袋に入れて桜の木などの下に埋葬します。

 

そうすることでいずれはお骨が土に還ることから自然葬とも言われています。

 

現在ではこの他にも様々な形の樹木葬がありますが、樹木葬は後継ぎがいない方や自然回帰の志向が強い方などを中心に近年人気が高まっている埋葬方法です。

 

なお、樹木葬は決められた霊園内でのみ行うことが可能で、各霊園の敷地内に樹木葬専用の墓地区画があります。

 

例えば東京では都立の小平霊園の樹木墓地が有名です。

 

樹木葬の費用は十数万円程度から高くとも七十万円程度が相場で、埋葬後の年間管理費の有無は霊園によって異なります。

 

もしも樹木葬に興味がある方はお気軽に当社のもと祭典までご相談いただければと思います。

 

 

本日は「樹木葬」について書かせていただきました 😮


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree