のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

葬儀費用の仕組みと相場


おはようございます!

 

今日は「葬儀費用の仕組みと相場」と題して書かせていただきます。

 

 

葬儀費用すなわちお葬式にかかる費用とは、葬儀社が提示している葬儀プラン(祭壇、棺、遺影写真、骨壺など葬儀に必要な道具一式や人件費)の費用の他に、式場料金、火葬料金、飲食料金、返礼品料金、お寺へのお布施などを合算した総費用のことを言います。

 

なお、日本消費者協会の2014年~2016年の調査によると、その全国平均額は195万7千円という結果でした。

 

世間一般ではこの金額が葬儀費用の相場ということになるようです。

 

 

しかし、お葬式には家族葬や一日葬、直葬、無宗教葬など様々な形式や方法があります。

 

よってお葬式にかかる費用というのは、実はそのやり方次第で金額がかなり変わってくるのです。

 

ちなみに当社では直葬で20万円~30万円程度、家族葬や一日葬で50万円~130万円程度の総費用でお葬式を行う方も多くいらっしゃるのが実際のところです。

 

 

お葬式は人間誰しも一度は経験しなければいけないものです。

 

しかし、費用をかけられる方もかけられない方もいらっしゃいます。

 

お葬式にかかる費用の全国平均額が195万7千円とのことですが、どうか真に受け過ぎないでください。

 

当社ではお葬式に必要以上のお金をかけたくないという方も大歓迎ですし、ご予算に合った見積りも致します。

 

お葬式には色々な形式や方法があり、それによって費用はかなり変わってきますので、葬儀費用でお困りの方もどうぞお気軽にご相談いただければと思います 😮

 

 

本日は「葬儀費用の仕組みと相場」と題して書かせていただきました。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree