のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

お葬式っていくらかかるの?


こんにちは!

 

本日のブログは「お葬式っていくらかかるの?」と題しまして、「葬儀費用の仕組みや相場」について書かせていただきます。

 

なお、葬儀費用の仕組みや相場については以前にも当ブログに何度か書かせていただいたことがありますので、重複する部分も多々あるかと思いますがご容赦いただければ幸いです 😉 

 

 

日本の葬儀費用の全国平均額はいくらなのかを単刀直入に申し上げますと、日本消費者協会の最新(2014~2016年)のアンケート調査によると約196万円という結果でした。

 

この金額は普通の感覚では決して安くない、というかむしろかなり高いですよね!!

 

ではこの196万円という数字なのですが、その内訳はどうなっているのでしょうか。

 

何から何までを含んでの金額なのでしょうか。

 

今日はまずその辺りからご説明をさせていただきます。

 

一般的なお葬式にかかる費用とは、葬儀社が提示している「葬儀プラン(祭壇、棺、遺影写真、骨壺など葬儀に必要な道具一式と人件費)」の費用の他に「式場料」、「火葬料」、「飲食代」、「返礼品代」、「お布施」などを合算した総費用のことを言います。

 

つまり、その総費用の全国平均額が約196万円だったということです。

 

ただし、お葬式には色々な形式や方法がありまして、実際にはそれによってかかる総費用はかなり変わってきます。

 

例えば日本のお葬式は仏教形式で行われることが多いですが、場合によっては特定の宗教にとらわれずに無宗教形式で行うことも可能です。

 

また、家族・親族のみで小規模に行う家族葬や、お通夜を省いて告別式のみを行う一日葬、そしてお通夜や告別式などの式典は一切行わずに火葬だけを行う直葬というお葬式もございます。

 

なお、当社のもと祭典では家族葬や一日葬で50万円~130万円程度、直葬で20万円~30万円程度の総費用でお葬式を行う方も多くいらっしゃるのが実際のところです。

 

このように実際のお葬式にかかる費用というものはやり方次第でかなり変わってきますので、一概に平均額で言えるものではないと思います。

 

世間一般ではお葬式には200万円くらいの費用がかかるという話を聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思いますが、それはあくまでも参考値の一つとして受け取っていただければと思います。

 

実際に自分達が希望するお葬式の明確な費用を知りたい方は、ぜひとも事前に葬儀社に相談をして確認しておくことをおすすめいたします。

 

 

本日は「お葬式っていくらかかるの?」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきましてありがとうございます!


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree