のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

代表者紹介

◎日本で1番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

 

家族葬専門葬儀社のもと祭典 

代表取締役 野本 好朗

 

1979年(昭和54年)生まれ早稲田大学文学部卒業。

 

大学卒業後、東京都内の葬儀社に入社する。葬儀の仕事をさせていただく中で、葬祭業はたくさんのお客様に「ありがとう」という感謝の言葉をいただける最高の職業だと知り、その魅力に引き込まれる。

 

東京と埼玉の葬儀社(計2社)にて修業を積んだのち、「日本で1番お客様に尽くせる葬儀社でありたい」をモットーに、家族葬の専門葬儀社「のもと祭典」を2014年に35歳で創業。

 

2024年現在、のもと祭典の家族葬を通して1人でも多くのお客様に喜びをお届けすること、そしてのもと祭典を上場企業に成長させて日本一の葬儀社にし、日本全国の方に心から満足していただける温かい家族葬を提供することを「人生の目標」として日々奮闘中。

 

1級葬祭ディレクター。A型のてんびん座。

 

趣味は読書、筋トレ、スポーツ観戦(野球、サッカーなど)、芸術観賞(音楽、映画、絵画など)、寺社&史跡巡り。

 

座右の銘は「勇往邁進」(恐れることなく自分の目的・目標に向かって迷わず前進すること)。

 

好きな言葉は「ありがとう」、「地道な努力」、「一生懸命」。

 

葬儀の仕事を心から愛し、葬儀の仕事に誇りを持ってお手伝いをさせていただいております。

 

このたびは弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

弊社は適正価格で高品質・高サービスの家族葬をご提供させていただく「家族葬の専門葬儀社」です。

 

値段の安さだけを重視する「安かろう悪かろうの葬儀」ではなく、とにかく「品質とサービスの高さを追求した温かい家族葬」を心を込めてご提供することを信条としています。

 

そして何よりもお客様の心に寄り添い、お客様に大満足していただける家族葬をするために、また、のもと祭典を日本一の葬儀社に成長させるために日々精進しております。

 

これからもお客様にとって最良の家族葬ができるように魂を込めて一生懸命に頑張ります。

 

大満足の家族葬ならのもと祭典におまかせください!

 

どうぞよろしくお願いいたします。