のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

仏教の各宗派

2021年2月23日 火曜日

おはようございます!

 

本日は「仏教の各宗派」と題して書かせていただきます。

 

 

仏教は紀元前500年頃にインドでお釈迦様によって開かれた宗教です。

 

仏教はその後、中国に渡り、朝鮮半島を経由して西暦538年頃に日本に伝わりました。

 

その後、仏教は日本において様々な宗派に分かれ、現在に至っています。

 

なお、「宗派」とは同じ仏教でも“教義や信仰の対象の違い”などによる分派のことを言います。

 

そこで本日は現在の日本の仏教の主な宗派をご紹介させていただきます。

 

◆日本の仏教の主な宗派、本山、開祖

 

①天台宗

→延暦寺…最澄(767年~822年)

 

②真言宗

→金剛峯寺、智積院、長谷寺など…空海(774年~835年)

 

③臨済宗

→建仁寺、東福寺、建長寺など…栄西(1141年~1215年)

 

④曹洞宗

→永平寺、総持寺…道元(1200年~1253年)

 

⑤浄土宗

→知恩院…法然(1133年~1212年)

 

⑥浄土真宗本願寺派

→西本願寺…親鸞(1173年~1263年)

 

⑦真宗大谷派

→東本願寺…親鸞(1173年~1263年)

 

⑧日蓮宗

→久遠寺…日蓮(1222年~1282年)

 

これらが今現在の日本の仏教の主な宗派で「八宗」と言われております。

 

おそらく当ブログをお読みの皆様のご実家も、これらの宗派のいずれかのお寺に檀家として属しているのではないでしょうか。

 

なお、仏教形式で葬儀や法事を行う際にはこれらの宗派のいずれかの僧侶に依頼をして行うことになります。

 

その際に菩提寺やお付き合いのあるお寺が無い方の場合、当社ではこれら全ての宗派の僧侶のご紹介が可能ですので、お気軽にお申し付けください 😀

 

 

本日は「仏教の各宗派」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます 😉