のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

家族葬と一般葬とは?

2020年11月22日 日曜日

おはようございます!

 

本日は「家族葬と一般葬の違い」について書かせていただきます 🙂 

 

 

はじめに「家族葬」とは家族・親族だけで行う小規模なお葬式のことを言います。

 

一方で「一般葬」とは家族・親族と同時に、近所の方やご友人、会社関係の方など一般の方にも広く声をかけて行うお葬式です。

 

なお、最近の東京のお葬式は小規模化が進行しており、明らかに一般葬よりも家族葬がメインになっております。

 

ちなみに家族葬の1番のメリットは少人数でゆっくりと心を込めてお葬式ができることだと思います。

 

逆に一般葬の1番のメリットは何かというと、生前にご縁のあったたくさんの方々に最期のお別れをしてもらえることにあると思います。

 

また、この他にも家族葬と一般葬の違いはお葬式にかかる費用の違いであったり、会葬者からいただく香典収入の違いであったりします。

 

家族葬と一般葬のどちらが良いかは人それぞれであって一概に言えるものではありません。

 

しかし、お葬式を行う際に最も大事にしたいことは故人の遺志と同時に遺族の意思だと思います。

 

お葬式は生前の準備がとても大切です。

 

今一度、「どのようなお葬式をしたいのか?」について生前にじっくりと考える時間を持つことも大切なことだと思います。

 

そして皆様にはぜひとも後悔のない良いお葬式をしていただきたいと思います。

 

お葬式についてご不安なことやわからないことなどがございましたらお気軽に当社にご相談ください 😉 

 

 

いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます!