のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

三鷹と武蔵野の葬儀場

2018年10月25日 木曜日

おはようございます!

 

本日のブログは「三鷹と武蔵野の葬儀場」と題して書かせていただきます。 

 

 

当社のもと祭典の本社がある三鷹市、そして支店がある武蔵野市には次のような葬儀の式場がございまして、基本的には宗派や宗旨を問わずどなたでも使用が可能です。

 

【三鷹市の式場】

・法専寺(上連雀2-5-13)

大式場21.6万円、小式場19.5万円

 

・禅林寺(下連雀4-18-20)

大式場28万円、小式場14万円

 

・やすらぎ都民斎場(新川3-18-1)

大式場26.3万円、小式場18.9万円

 

・威徳院(新川2-1-17)

21万円

 

・春清寺(新川4-4-22)

25万円

 

※料金は二日分(通夜&葬儀・告別式)となります

 

 

【武蔵野市の式場】

・延命寺(八幡町1-1-2)

大式場22万円、小式場17万円

 

・源正寺(緑町1-6-7)

大式場20万円、小式場10万円

 

・安養寺(吉祥寺東町1-1-21)

25万円

 

※料金は二日分(通夜&葬儀・告別式)となります

 

なお、三鷹市と武蔵野市には火葬場がございませんので、これらの式場で御葬儀をした後には市外の火葬場に移動して火葬をすることになります。

 

そこで三鷹市や武蔵野市の方がよく使う火葬場は次の火葬場となります。

 

【府中市の火葬場】

・多磨葬祭場(多磨町2-1-1)

 

【杉並区の火葬場】

・堀ノ内斎場(梅里1-2-27)

 

ちなみにこれらの火葬場はいずれも民営の火葬場で、火葬料金が5.9万円ほどかかりますし、火葬中の待合室を有料で借りる必要があります。

 

三鷹市や武蔵野市にお住いの方はもしもの時のためにご参考にしていただければ幸いです。

 

なお、これらの式場や火葬場での御葬儀を希望する方はお気軽に当社のもと祭典にご相談くださいませ。

 

 

本日は「三鷹と武蔵野の葬儀場」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます 😀 

直葬の注意点とは?

2018年10月17日 水曜日

おはようございます!

 

本日のブログは「直葬の注意点とは?」と題しまして、直葬というお葬式をする際に皆様に気を付けていただきたいポイントについて書かせていただきます。

 

 

まず直葬とはどのようなお葬式かというと、一言で申し上げますと「ご火葬のみの最もシンプルなお葬式」のことを言います。

 

つまり直葬というお葬式ではお通夜や葬儀・告別式などの式典は一切行いません。

 

直葬ではご火葬の当日にご遺族に火葬場にお集まりいただき、故人様と5分程度の最期のお別れをした後にご火葬のみをします。

 

直葬は以前であれば生活保護など市区町村の福祉サービスを利用していらっしゃる方を中心に行われていました。

 

しかし、現在では生活保護を利用していない一般の方にも直葬というお葬式が選ばれてきており、東京では死亡者の約25%程度の方が直葬によってお見送りをされているようです。

 

なお、このように直葬というお葬式が近年増加してきた理由は諸説あると思いますが、一番の理由はやはり経済的な事情だと思います。

 

東京でお通夜と葬儀・告別式を行う従来通りの一般的なお葬式にかかる費用の相場が100万円~200万円程度(※葬儀の内容によってかなりの幅があります)だとすると、直葬は20万円~30万円程度です。

 

このように直葬にかかる費用は一般的なお葬式に比べるとかなり割安の金額なのです。

 

 

さて、ここからが本日のブログの本題になるのですが、お葬式を行う際に「お金はあるけれど、とにかく簡単に楽にお葬式を済ませたい」という理由だけで直葬をお選びになるのであれば、それは今一度考え直したほうが良いかもしれません。

 

それは近年、そのような理由で直葬をお選びになられたご遺族の方が、葬儀後に「もっときちんとした送り方をしてあげれば良かった」と後悔の念をお持ちになるケースが少なくないからです。

 

やはり人並みのお葬式をすることで得られる充実感や満足感のようなものがお葬式にはあるのかもしれません。

 

直葬は経済的に厳しい方は仕方がないと思いますが、上記のように安易な理由だけでお選びになるのであればあまりおすすめはできません。

 

お葬式に対する価値観や考え方は十人十色です。

 

しかし、お葬式はとにかく一度限りでやり直しができませんので、どのようなお葬式を行いたいのかを事前にご家族でじっくりと考えて、後悔の残らない選択をしていただきたいと思います。

 

 

本日は「直葬の注意点とは?」と題して書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきましてありがとうございます!

家族葬の学習会とは?

2018年10月11日 木曜日

おはようございます!

 

本日は「家族葬の学習会とは?」と題しまして、当社で毎月各地で開催させていただいている「家族葬の学習会」という終活講座についてご説明をさせていただきたいと思います 😉 

 

 

まず、ご自分が遺族の中心となってお葬式に携わる機会は人生にそう何度もあるものではありません。

 

よってお葬式については「わからないことだらけ」というのが普通の状態だと思います。

 

また、お葬式がいつやって来るかは予期できるものではなく、突然やって来る場合が多いです。

 

その結果、実際のお葬式の場で大変な苦労をされているご遺族の方が多くいらっしゃいます。

 

そこで当社で開催させていただいている「家族葬の学習会」では、お葬式に必要な基本的な知識について学習することで、少しでも良い「お葬式の事前準備」の一助としていただきたいという思いで開催させていただいております。

 

なお、「家族葬の学習会」では具体的には主に以下の内容でお話をさせていただいております。

 

【前半】

1、現在のお葬式へのニーズとは?

2、現在の東京のお葬式事情とは?

3、葬儀費用の仕組みと全国平均額とは?

4、お布施の相場

 

【後半】

5、お葬式に必要な事前準備とは?

6、実際のお葬式の流れとは?

7、まとめ

 

~質疑応答~

 

このように約1時間程度の講座の後には、質疑応答ということでご参加いただいた方々からお葬式についてのご質問も受付しておりますので、お葬式についてわからないことやご心配なことがある方、または単純にこの講座に興味のある方はお気軽にご参加いただければ幸いです。

 

ちなみにご参加いただいた方々にご記入していただいたアンケート用紙を拝見すると、9割以上の方々にご満足していただいておりますので、内容につきましても自信を持っております。

 

もしもお時間がある方はぜひともお越しくださいませ(日程や場所はTOPページをご参照ください) 😀 

 

なお、参加費は無料ですが、事前予約制となっておりますので前日までに必ずお電話でご予約をお願いいたします。

 

 

本日は「家族葬の学習会とは?」と題して書かせていただきました。

 

本日も当ブログをお読みいただきましてありがとうございます!

東京のお葬式事情とは?

2018年10月6日 土曜日

おはようございます!

 

本日のブログは「東京のお葬式事情とは?」と題して書かせていただきます 🙂 

 

 

現在、東京ではどのようにお葬式が行われているのでしょうか?

 

また、東京のお葬式に特有な傾向や特徴などはあるのでしょうか?

 

今日はそのようなことについて考えてみたいと思います。

 

まず、現在の東京のお葬式事情を一言で申し上げますと、それはとにかくお葬式の小規模化が著しいということです。

 

つまり、東京ではお葬式を家族・親族のみの近親者だけで行う「家族葬」が圧倒的に増えているということが言えます。

 

また、お通夜を省いて葬儀・告別式のみを行う「一日葬」というお葬式や、お通夜や葬儀・告別式などの式典は一切行わずに火葬のみを行う「直葬」というお葬式も増えています。

 

このように東京では以前のように地域が主体となってご近所やご友人の方、会社関係の方などをたくさん招いて行うようなお葬式(「一般葬」と言います)はかなり少なくなったと言えます。

 

あとは日本のお葬式というと、お坊さんに来てもらって仏教形式で行うイメージをお持ちの方も多いかと思います。

 

しかし、現在では特定の宗教にとらわれずに行う「無宗教葬」というお葬式も東京では少しずつ増えており、仏教離れが進んでいると言えるのかもしれません。

 

なお、これらの傾向は現在では東京に限ったことではなく全国的なことなのかもしれませんが、東京は地方出身者や核家族、単身世帯の人が多いこともあり、地域の人間関係や結び付きはかなり希薄です。

 

よって東京ではこのようなお葬式の小規模化が、より顕著に見て取れるのだと思います。

 

ちなみに当社『家族葬専門葬儀社のもと祭典』はこのようなニーズに応えて創業された葬儀社です 🙂 

 

当社は家族葬をはじめとする小規模なお葬式を専門にお手伝いさせていただいております。

 

家族葬ならお気軽にご相談いただければと思います 😉 

 

 

本日は「東京のお葬式事情」について書かせていただきました。

 

ご参考にしていただければ幸いです。

お葬式までの流れとは?②

2018年10月3日 水曜日

こんにちは!

 

前回のブログではお通夜と葬儀・告別式を計二日間かけて行う「一般的なお葬式」の流れについてご説明させていただきました。

 

今回は「一日葬」と「直葬」の流れについてご説明させていただきたいと思います。

 

 

まず一日葬とはどのようなお葬式かというと、「お通夜は省いて行わずに葬儀・告別式のみを行うお葬式」のことを言います。

 

一日葬は2000年代に入ってから行われるようになった新しいお葬式の方法なのですが、東京ではその数を徐々に増やしており、現在では全体の二割近くは一日葬で行われているように見受けられます。

 

 

◇一日葬(お通夜をせずに葬儀・告別式のみを行うお葬式)をする際の流れ

 

  • ①ご臨終

お医者様からご臨終のお知らせがあります。看護師さんに清拭(せいしき)をしてもらい、死亡診断書をいただいてください。また、ご臨終された時点ですぐに当社にお電話ください。

  • ②ご遺体のお迎え~ご安置

病院等まで当社の担当スタッフが寝台車でお迎えにあがります。ご自宅、もしくは葬儀や火葬までご遺体をお預けできる安置所までご遺体を搬送し、ご安置します。

  • ③お葬式の打ち合わせ

お葬式の形式や日程、場所、費用などの詳細について当社の担当スタッフと打ち合わせをしていただきます。菩提寺がある方はこの時に電話でお寺に連絡をしていただきます。なお、お葬式の詳細が決まりましたら、ご親戚などお葬式にお招きする方々に連絡をしてください。

  • ④ご納棺

ご遺族の皆様とご一緒に、ご自宅等にて故人様をお棺にお納めさせていただきます。

  • ⑤葬儀・告別式

寝台車で故人様を式場にお連れし、葬儀・告別式(ならびに初七日法要)を行います。なお、東京でのお葬式は死後3日目くらいから1週間以内の日程で行われる場合が最も多いと思います。

  • ⑥ご出棺~ご火葬~ご収骨

故人様との最期のお別れです。会葬者の皆様に副葬品やお花をお棺に入れていただき、最期のお別れをしていただきます。お別れの後、火葬場に向けて出棺します。火葬後はご親族の皆様にお骨を拾っていただき、骨壺へ収めていただきます。

  • ⑦精進落とし(お食事)

ご収骨の後、精進落とし(お食事)の会場に移動し、精進落とし(お食事)を行います。

  • ⑧後飾り

精進落としの後、ご自宅に移動し、お骨やお位牌、お写真などをお飾りする後飾り祭壇を設置させていただきます。

 

 

次に直葬とはどのようなお葬式かというと、一言で申し上げますと「ご火葬のみの最もシンプルなお葬式」のことを言います。

 

直葬ではお通夜や葬儀・告別式などの式典は一切行いません。

 

よってご遺族の方には火葬の当日に火葬場にお集まりいただき、故人様と5分程度の最期のお別れをした後に火葬のみを行う形になります。

 

なお、現在の東京ではお葬式全体の二割程度は直葬で行われており、その数は年々少しずつ増えているようです。

 

 

◇直葬(ご火葬のみのお葬式)をする際の流れ

 

  • ①ご臨終

お医者様からご臨終のお知らせがあります。看護師さんに清拭(せいしき)をしてもらい、死亡診断書をいただいてください。また、ご臨終された時点ですぐに当社にお電話ください。

  • ②ご遺体のお迎え~ご安置(ご納棺)

病院等まで当社の担当スタッフが寝台車でお迎えにあがります。ご遺体を火葬場の霊安室(またはご自宅など)に搬送し、納棺した後、ご安置します(※最低24時間は安置します)。

  • ③お葬式の打ち合わせ

ご火葬の日程や費用などの詳細について当社の担当スタッフと打ち合わせをしていただきます。

  • ④ご火葬~ご収骨

ご遺族の皆様に火葬場にお集まりいただき、故人様と最期のお別れをしていただきます。この時に副葬品やお花をお棺に入れていただくことが可能です。5分程度の最期のお別れをした後、火葬をします。火葬後はご遺族の皆様にお骨を拾っていただき、骨壺へ収めていただきます。

 

 

一日葬や直葬を行う際にはこのような流れで進められていきます。

 

ご参考にしていただければ幸いです。

 

本日も当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます 😀