のもと祭典 日本で一番お客様に尽くせる葬儀社でありたい。

葬儀に必要な事前準備


こんにちは!

 

本日のブログは「葬儀に必要な事前準備」と題して書かせていただきます。

 

 

もしもご家族の方が病院などでお亡くなりになられた際には、まず葬儀社に電話をして故人様を病院まで迎えに来てもらう必要があります。

 

そして、ご自宅や安置所(ご葬儀までご遺体を預かってもらえる施設)に故人様を寝台車で搬送し、ご安置します。

 

その後、葬儀社の担当者とご葬儀の内容や日程、費用などの詳細について打ち合わせをすることになります。

 

もしもの時にはこのような流れでご葬儀に向けて進められていくのですが、ご遺族の方には葬儀社と打ち合わせをする際にいくつか前もって考えておいていただきたい項目がございます。

 

すなわち、それが「葬儀に必要な事前準備の項目」となります。

 

今日はそんな「葬儀に必要な事前準備の項目」をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

 

ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

 

1、お葬式の形式について相談しておきましょう

お葬式には仏教形式、神道形式、キリスト教形式、無宗教形式、また、家族葬、一般葬、社葬、そして、一日葬、直葬など様々な形式や方法がございます。

 

2、お葬式の場所について相談しておきましょう

お葬式を式場で行うのか、またはご自宅で行うのか、事前に考えておきましょう。なお、当社のもと祭典には東京都内だけでも300カ所以上の提携式場があります。

 

3、会葬者のおおよその人数を予測しておきましょう

お葬式は会葬者の人数に応じて必要な料理の数や返礼品の数も変動しますので、「親族○名、親族以外の一般の方が○名」というようにおおよその人数を事前にある程度は予測しておきましょう。

 

4、遺影用の写真を用意しておきましょう

故人様のお人柄が表れる最適な写真を事前に選んでおきましょう。なお、実際のお葬式ではご遺族に選んでいただいたスナップ写真を葬儀社が遺影用に拡大&修整したものを使用します。

 

5、故人様の病院からのお帰り場所を決めておきましょう

もしも病院や施設などでお亡くなりになられた場合に、故人様をご自宅にお連れするのか、もしくは葬儀や火葬までご遺体をお預けできる安置所にお連れするのか、事前に考えておきましょう。

 

6、依頼する葬儀社を決めておきましょう

万が一の場合に備えて、お葬式を依頼する葬儀社に事前に相談し、お葬式の流れや費用について確認しておきましょう。なお、当社のもと祭典では無料にて事前相談・事前見積を365日 年中無休で行っております。また無料にて出張相談もいたしますので、いつでもお気軽にご相談ください。

 

これらが主な「葬儀に必要な事前準備の項目」となります。

 

どれも大切な項目ですので、もしもの時に困らないためにぜひとも前もって考えておいていただきたいと思います。

 

やはり何事も備えあれば憂いなしで、後悔のない良いお葬式をするためには生前の良い準備が必要になるのです。

 

なお、ご葬儀についてわからないことやご心配なことがございましたら、どんなことでもけっこうですのでいつでもお気軽に当社のもと祭典にご相談ください 😮

 

 

本日は「葬儀に必要な事前準備」について書かせていただきました。

 

いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます!


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree